医療費控除でICL施術費が返ってくる!?申請しないと絶対損!!

  • URLをコピーしました!
ハスキー社員

どうも、ハスキー社員です。

今回は、医療費控除でICL施術費が還付されることについて紹介します。

筆者は、2021年にICL手術を受けました。
施術したことに関しては「 大変満足!! 」最高の自己投資だとすら思っています。

が、、、いかんせん、施術費用が高額すぎるんです。
両目+乱視対応で約60万円(健康保険対象外)

ですが、医療費控除を申請すれば施術費用の一部が還付されます!

医療費控除は年末調整では対応できません。

確定申告でしか申請することができません。

一般的な確定申告のイメージは「 めんどくさそう 」、「 よくわからない 」と思うかたが多いはずです。
慣れないと難しいかもしれませんが、還付される金額が大きので必ず申請しましょう。

具体的な還付金額の算出方法も説明していますので

ぜひ、最後までみていってください。

記事の内容

医療費控除とは

医療費控除は、支払った医療費が年間10万円を超えると受けることができます。
支払った医療費がそのまま戻ってくると思う方が多いですが、支払った医療費に応じて税金を計算し直すという制度です。

会社員の場合は、医療費控除によって給与から天引きされた所得税の還付が受けられます。
個人事業主の場合は、医療費控除を確定申告に反映させることで節税効果につながります。

医療費控除の対象

・病気の治療費
・薬代
・出産費用
・通院費
・入院費
・検査費用
・一部の介護費用
・交通費(タクシー代は対象外)

【 新型コロナ関連 】

・医師等の判断により受けたPCR検査費用
・オンライン診察
・処方された医薬品等

医療費控除の対象外

・サプリメント代
・美容整形
・自己都合で発生した部屋代やベット代
・病院までマイカーでいった際のガソリン代
・駐車場代
・タクシー代(公共交通機関が利用できない場合は除く)
・一部の介護費用

【 新型コロナ関連 】

・マスク費用
・自己判断で受けたPCR検査費用

医療費控除額の算出方法

医療費控除の確認

( 支払った医療費の合計 )ー( 保険金等で補填される金額 )ー( 10万円 )=( 医療費控除 )

ただし総所得が200万円以下の人は、10万円ではなく総所得の5%が控除されるので注意ください。 

任意で加入している「 生命保険の入院給付金 」や「 高額療養費 」や「 出産育児一時金 」などは 支払った医療費から差し引いて計算する必要があります。

例: 
・医療費控除額60万円=手術・入院費用100万円-保険金30万円-10万円     
・医療費控除額8万円=出産・入院費用60万円-出産一時金42万円-10万円

所得税率の確認

源泉徴収の「 給与所得控除の金額 」と「 所得控除の合計 」を確認します。

以下のサンプルを確認してみましょう。

出典:国税庁

( 給与所得控除の金額 )ー( 所得控除の合計 )=( 課税所得税

課税所得税がわかれば国税庁が出している所得税の速算表で税率を確認します。

出典:国税庁(2021年現在)

還付金額の確認

所得税率がわかれば、「 医療費控除額 」に「 所得税税率 」をかけた額が実際に返ってくる金額になります。

医療費控除額が一緒でも、納める税金が多い人ほど還付金がが多くなります。

( 医療費控除額 )ー( 所得控除の合計 )=( 実際に還付される金額 )

【 医療費控除によって還付される金額 】
例:課税所得額が330万円、医療費の合計が60万円の方の還付金を計算してみます。

50万円(医療費控除額)✖️10%(税率)=50,000円

納めた税金から、50,000円が還付されることになります。

まとめ

今回は、医療費控除でICL施術費が還付されるについて紹介しました。

ICL治療は保険が使えないため、施術費用が高額になります。
そのため、しっかり医療費控除で還付してっもらうことが大切です。

確定申告するのは面倒ですが、今ではマイナンバーカードがあれば税務署に行かなくても「 スマートフォン 」や「 パソコン 」からでも申請することができます。

Web申請の場合は、入力方法を丁寧に紹介してくれている動画もたくさんあるので迷わず入力することができます。

また、医療費控除については5年以内であれば後から申請することができます。
忙しいからとあきらめずに、時間があるときに申請しましょう。

 

以上、ハスキー社員でした。

この記事が、読まれた方々の人生の一助となれば幸いです。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

この記事が良かったらシェアしてください♪
  • URLをコピーしました!
記事の内容
閉じる