退去費用を極力抑えたい方必見!かしこく、とことん退去費用を安くする知識まとめ

  • URLをコピーしました!
ハスキー社員

どうも、ハスキー社員です。

今回は、かしこく、とことん退去費用を安くする知識と方法!について紹介しす。

実は賃貸トラブルで一番多いのが退去費用の問題なんです。
退去費用は知識がないと悪質な「 大家 」「 管理会社 」「 立会業者 」から、知らず知らずに料金を上乗せされているケースがとても多いです。

退去費用に60万円も請求された 」・「 入居時から付いていたキズも請求された 」こういった経験をされた方も居ると思われます。

退去費用を払ったことがある人は、「 こんなにかかるの! 」って思ったとしても「 特約にも書いていますし払ってください 」と言われシブシブ払ってしまう。

結論を書くと、火災保険を上手に使えばお金を掛けずに原状回復ができます。
また、悪質な特約も無効にできるかもしれませんよ!
退去時にカモネギにされて、お金を搾取されないようにこの記事が役立ってくれればうれしいです。

ぜひ、最後までみていってください。

記事のポイント
  • 退去費用って
  • 火災保険をかしこく使う
  • 退去立ち会いはNG
記事の内容

退去費用ってなに

chinntai-taikyohiyou-yasuku

そもそも、退去費用ってなんなの?

っと思う方もいると思います。

退去費用とは、原状回復費用のことです。
簡単にいうと「 退去時に、自分で汚したものや、壊したものは元に戻して返しましょう! 」ってことです。

ここで良く原状回復について「 借りた当時の状態に戻さないといけない 」と勘違いしている方が多いんですが、これは大きな間違いです。

原状回復は日常生活で発生してしまう痛みや汚れ以外で与えたダメージを復旧させることです。

原状回復の適用範囲

退去費用を安くするためには、原状回復の適用範囲を知っておきましょう。
この適用範囲でトラブルが多発しています。

自然損耗

自然損耗とは、普通に生活していてもキズ・汚れ・擦れがついてしまうことです。
普通に使ってても、こうなるよね? 」っとなるので入居者の負担の範囲外です。

入居者の負担外
  • 日常生活で畳がすり減った
  • クロスの擦れや日焼け
  • 家具の設置箇所の凹み

これは、家賃に含まれているので大家が修繕費を負担することになります。

借主の故意・過失による損耗

入居者の負担範囲
  • たばこのヤニ汚れやコゲあと
  • 物をぶつけて壁に穴を開ける
  • 壁に子供が落書きをした

こういった場合は、入居者が負担( 原状回復 )することになります。

自然損耗の部分は負担する必要はありませんが、ここを負担させようとしてくる大家や管理会社が多いので、騙されないように注意しましょう!

退去費用:新品価格を負担する必要はない!

故意や過失で傷つけてしまった箇所を修繕するにしても新品の価格で負担することはありません。

悪質な大家や管理会社等は、さも当然かのように新品価格で請求してくるので注意しましょう。

負担するのは残存価格

「 残存価格ってなに? 」という方も多いかもしれません。

簡単に言えば、商品自体に残っている価値のことです。

例えば、クロス、壁、床にも同じように残存価値が設定されています。

 

クロスの場合

クロスを傷つけて全面張り替え請求がきても負担するのは最大で1面だけです。

基本は、キズをつけた箇所を平米単位で算出するのが正解ですが、そこは現状あいまいなので1面分の負担は覚悟しましょう。

損傷箇所が多いと、全面張り替えになるので注意しましょう。

その時も、残存価値で計算すれば大丈夫です。

フローリングの場合

フローリングの場合も、負担するのはキズや汚れがある床1枚分だけです。

ここで注意して欲しいのが、1枚分保証する場合は、残存価値は適用されません。

損傷箇所が多い場合は、全面張り替えになります。

全面張り替え位場合は、フローリングの耐用年数(=建物の耐用年数)によって借主と貸主で負担するため、残存価値で負担することになります。

建物の耐用年数

木造       :22年
軽量鉄骨造    :19年
鉄骨造      :34年
鉄筋コンクリート造:47年

建物によって耐用年数が違うので、注意しましょう!

火災保険をかしこく使おう

過失で損傷させた、床やクロスのキズは、火災保険で回復させることができます。
賃貸契約時に必ずはいる火災保険の中に「 借家人賠償 」が付いてあるはずです。

うっかり部屋の壁や床にキズや穴をあけた時の費用を保険会社が負担してくれるということです。
しかも、ほとんどの場合が保証適用になります。

火災保険は何回使っても保険料は変わりませんので、キズや汚れがついた場合はその都度保険でなおしておきましょう。

火災保険は入居中じゃないと使用できないので注意してください!

火災保険って火事になった時にしか使わない保険だと思っている方が多いと思いますが、火災のの字は、と置き換えて覚えておくといいと思います。

火災保険についている『借家人賠償特約』は保険会社によって補償の対象となる項目が異なります。 全ての事故や過失には対応していない場合があるので、ご加入の火災保険の補償内容をご確認ください。

契約時の特約事項は無効にできる

chinntai-taikyohiyou-yasuku

退去時に修繕費は掛からなかったけど色々、お金を払わされた

こういった方もたくさんいると思います。

・ハウスクリーニング代
・鍵交換代
・美装代
・エアコン清掃代

上記のような請求で結局、5〜10万円請求される方が多いです。

たとえ交渉しても、「 契約書の特約に記載していますよね? 」っと押し切られてしまうケースが多いですが、その特約は無効にできる可能性があります。

特約は下記の3つが揃っていないと無効になる可能性が高い
  • 具体的な金額が書かれていること
  • 契約者がキチンと内容を理解していること
  • その特約ページに記名押印があること

最高裁判所での判例あり(平成17年12月16日)

基本的に、次に住む人のための費用を負担する義務はありませんので覚えておいてください!

その特約のページ 」に記名押印がなければ無効になる判例がでているので、しっかり交渉しましょう。

美装代 」は特約に記名押印していても無効ですのでしっかり拒否しましょう!

退去の具体的な手順と注意点

chinntai-taikyohiyou-yasuku

退去するにあたり、具体的な手順は以下の通りです。

正しく牽制しないと、悪質なところだとゴリ押ししてくる可能性があるので、必ずやりとりはメール等で記録が残るようにしてください。

対面でのやり取りは、オススメしません。やる場合は録音しておいてください。

退去手順
  1. 火災保険をつかて、直せるとことは直しておく
  2. 賃貸契約書を準備
  3. 退去届を送る
  4. 退去日までに家具は全て出しておく
  5. 退去立会は絶対しない
  6. 解約日までに鍵を返却
  7. 請求書が来たら内容を確認

火災保険で修理できるところは直す

火災保険を使って、修繕できるところはずべて修繕しておきましょう。

火災保険は、退去費用には使えないので都度しっかり直しておきましょう。

賃貸契約書の準備

特約や退去届を何ヶ月前に送るのかを確認してください。
ほとんどの場合は、1ヶ月前ですが2ヶ月前の場合もあるので注意してください!

退去届を送る

退去届を送る際に自分に不利な条件が書かれていないか確認してください。
不利な条件が書かれている場合は、その文面に線を引いて訂正印を押して提出すれば大丈夫です。

退去届の書式はなるべく、自分で用意した物を使いましょう。
退去届に様式の決まりはないので、文句を行ってきても問題はありません。

退去届には、自分のメールアドレスを記載して今後は記録を残すためメールでやりとりをお願いしますとしっかり書いておきましょう。

もし管理会社等から電話がかかってきも、無視すれば良いです。
または、「 専門家にメールでやりとりするようにアドバイスを受けている 」と伝えれば相手は引きます。

退去届は配達完了通知が届く物で送るのがベストです。
悪質なところは、届いていないと言われることがありますので念のため。

退去日までに家具を全部出しておく

家具を出した後は、写真をたくさん撮影しておくことが大事です。

後から写真を加工するなり、わざとキズをつけ請求してくることがありますので対応するために物をどかした後は写真を念入りに撮影しておきましょう。

退去立ち会いは絶対しない

退去立会をする必要せはありません。
ガイドラインも法律にも記載はないので、立ち会わなくても大丈夫です。

立ち会うと、脅迫されたりサインするまで帰してくれないといったトラブルが起こり得ますので立ち会わない方が無難です。

退去立ち会いをする場合は、どんな書類を出されてもサインは絶対にしないでください。
サインしてしうと費用を認めたことになり、修善費用を負担することになりますので注意してください。

悪質な管理会社や立ち会い業者が、退去立会を求めてくる理由!

理由は簡単です。その日に費用請求書にサインさせたいからです。
一度、サインしてしまうと一回は認めたこととなり後で交渉する際にも不利になります。
電話等で煽ってくる業者もいますので、そういった場合はムシするか、「 専門家の方に無用なトラブルを避けるために立ち会いはしないようにいわれています! 」と言えば大丈夫です。

解約日までに鍵を返却

解約日までに鍵を返却すれば、これで退去は完了です。

郵送で大丈夫です。

退去は、「 退去届け 」を送付して「 」を返却すれば完了します。

条件を満たしているのに、「 退去が出来ていないので来月も家賃が発生します。 」等の連絡が来た場合はウソですので注意してください。

請求書が来たら内容を確認

請求書がきたら、しっかり内容を確認しましょう。

請求書のチェックっポイント

残存価格の請求になっているか
自然損耗の箇所は請求されていないか
入居時に新品だった証明書は入っているか
入居者と貸主とに負担割合は記載されているか

新品からの残存価格で請求してきた場合は、新品であった証明書を提出してもらってください。

退去費用が高額になる理由

chinntai-taikyohiyou-yasuku

なぜ退去費用を高額請求してくるかというと、シンプルに儲かるからです!

誰が儲かるの? 」って思いましたね?

儲かる方々は、「 大家 」「 管理会社 」「 立会業者 」の方々ですね。

大家の場合は、単に原状回復費用の自己負担が減るからです。
ここは、貸す側の意見としてわかる気がします。

問題は、悪質な管理会社と立会業者です。
退去者が支払う必要性がない修繕費まで負担させて、業者からのキックバック大家に連絡なしにフトコロにしまうケースが多いです。

大手でも普通にボッタクリは行ってきますので、注意してくださいね!

まとめ

今回は、退去費用を抑えるため知識や方法をたくさん書いてきました。

大事な要点は、以下の通りです。

原状回復は借りた当時の状態に戻すことではない

新品価格ではなく、残存価格で負担する

キズや汚れをつけてしまった箇所だけを保証すれば良い

火災保険で修理できるものは修理しておく

特約に記載してても無効になる場合が多い

退去費用のトラブルに関しては誰でも起こりうることなので、自分以外にも友達や恋人、家族などが被害に遭わないためにもしっかり知識をつけて、守る力を育てましょう。

家に関するお金は、人生における大きな支出の一つです。
カモネギにされないようにしっかり知識武装して身を守りましょう。

本当に困っている方は「賃貸トラブルたすけ隊」に相談するのがオススメ(相談無料)

賃貸トラブルたすけ隊【公式】
賃貸トラブルたすけ隊【公式】|NPO法人 家を借りるなら知っておきたい物件探しや入居中・退去のポイントを発信していきます。

原状回復をめぐるトラブルとガイドラインを見たい方は国土交通省のサイトを確認ください。

あわせて読みたい
住宅:「原状回復をめぐるトラブルとガイドライン」について - 国土交通省 国土交通省のウェブサイトです。政策、報道発表資料、統計情報、各種申請手続きに関する情報などを掲載しています。

 

以上、ハスキー社員でした。

この記事が、読まれた方々の人生の一助となれば幸いです。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

この記事が良かったらシェアしてください♪
  • URLをコピーしました!
記事の内容
閉じる