家賃は今すぐ下げられる!交渉する具体的な手順と、ちょっとした知識も紹介

  • URLをコピーしました!
ハスキー社員

どうも、ハスキー社員です。
今回は、あまり日本人には浸透していない家賃交渉について紹介するわな。

今回は、家賃は今すぐ下げられる!について紹介します。

「 手取りが減ったから、今の家賃がきびしくなってきた 」

「 家賃下げて欲しいけど、大家さんに嫌われそう 」

こんな悩みや経験をしたことがある人は、多いと思います。

実は、ほとんどの人が今住んでいる物件の家賃交渉をしたことがないそうです。
建物が古くなっていたり、何年も住んでいる方は、家賃交渉してみると簡単に家賃が下がるかもしれませんよ!

私も実際に交渉してみたので、その結果も後ほど紹介させていただきます。

家賃交渉するにあたり、参考にさせていただいたのは下記の書籍です。

参考書籍
\楽天ポイント最大42倍セール!/
楽天市場
  • タイトル:家賃は今すぐ下げられる!家賃崩壊時代にトクする知恵
  • 出版社 :フォレスト出版
  • 著者  :日向咲嗣氏

タイトル通り家賃を実際に下げるためのノウハウ本です。

オススメですのでぜひ、読んでみてください。

記事のポイント
  • 家賃交渉を実践してみた結果
  • 家賃交渉ってしていいの?
  • 家賃を下げる具体的な方法
記事の内容

家賃は今すぐ下げられる!:実際に交渉してみた結果

yachinnkousyou-Yes

実際に、私も書籍を参考に賃下げ交渉に挑戦してみました。
結果は、見事に家賃の値下げに成功しました。

交渉の手順は以下の通りです。

・自分の住んでいる、物件の家賃を調べる
・周辺の似た間取りの家賃相場を調べる
・管理会社を通して大家に交渉(直接交渉してもOK)

現在住んでいる物件を調べた結果、家賃は変わっていなかったので周辺賃貸の家賃相場を根拠に交渉しました。
私の場合は直接管理会社に「 大家さんに相場より少し高いから3000円、下げて欲しいとお伝えください! 」とストレートに伝えました。 

大家さんからの返答は、「 1000円なら減額しますがどうですか? 」という返答がきましたが、ここは妥協せずに「 3000円でお願いします! 」と伝えました。

ここで下記のようなことを意識して伝えたところ、交渉が成立して家賃が無事に3000円下げてもらうことに成功しました。

・偉そうにしない(あくまでもこちら側からのお願いです)
・長く済みたい意思を伝える
・下がらなければ、退去の意思も伝える

一度、試してみる価値はあると思いますよ!
家賃交渉の具体的な手順は、下記で説明します。

そもそも家賃交渉って、してもいいの?

今あなたは、こう思っていませんか?

そもそも家賃交渉って、していいの?

家賃交渉して、大家さんに嫌われるんじゃないの?

大丈夫です!実は、家賃を下げる交渉は法的にも認められています

借地借家法32条1項 

建物の借賃が、土地若しくは建物に対する租税その他の負担の増減により、土地若しくは建物の価格の上昇若しくは低下その他の経済事情の変動により、又は近傍同種の建物の借賃に比較して不相当となったときは、契約の条件にかかわらず、当事者は、将来に向かって建物の借賃の額の増減を請求することができる。
出典:e-Gov 法令検索

簡単に説明すると、家賃の減額は以下の項目のどれか一つでも該当すると請求できます。

土地・建物に関する固定資産税の増減
・土地・建物価格の上昇や低下
・近隣にある同じような物件と比較して家賃が不相当

ちなみに、大家からの家賃増額もこれに該当すれば請求できます。

家賃交渉:交渉前に調べておくこと

家賃交渉前に調査しておかないといけない情報があります。
それは、以下の2つです。 

今住んでいる物件の他の部屋の家賃を調べる
・周辺の賃貸物件の家賃相場を調べる

今住んでいる物件の家賃を調べよう

今住んでる物件の家賃なら、わかってるよ!

っと思った方もいると思いますが、別部屋の家賃を調べてみてください。

長年同じ場所に住んでいる方にありがちなのですが、入居時期で家賃が異なることがあります。
最近入居した人と長年住んでいる人では、数円単位で家賃が改定されている可能性があるからです。

調査方法は、賃貸検索サイトで今住んでいる物件の名前を入れれば簡単に出てくるはずです。

周辺賃貸の家賃相場を調べよう

今住んでいる地域周辺の家賃相場を調べることってないですよね?
周辺の家賃相場は、交渉するさいの大きな材料になるのでしっかり調べておきましょう!

賃貸検索サイトで今住んでいる住所の情報を入れれば、周辺の家賃相場がわかるはずです。

また、上記で書いたように今住んでいる物件の空室情報も出てくるかもしれません。

家賃は今すぐ下げられる!具体的な方法

家賃の値下げ額を決めよう

交渉前に必ず決めておかないといけないのが値下げ額です。
今住んでいる物件の家賃が10万円だとして、値下げ額が5万円だと交渉になりません。

ここで大切なのが、周辺賃貸の相場です。
今住んでいる、家賃と比べて値下げ額を決めましょう。

家賃の値下げ交渉を始めよう

値下げ額を決めたら、いよいよ交渉の開始です。

家賃交渉は、2年に一度の更新時期がチャンスです。
契約満了の時期が近づいてくると「 更新のおしらせ 」が送られてきますので、そのタイミングで交渉してください。

交渉のタイミングは、基本いつでも良いのですが何もない時期だと相手にされない可能性もありますのでなるべく更新時期を狙いましょう。

電話で「 家賃を下げてください! 」と直接、管理会社か大家に言えることができれば良いのですが、なかなか切り出すのが苦手な方も多いと思います。

そういう場合は、「 更新のお知らせ 」の文書に対する返信の形にして「 家賃減額請求 」を書いて送ってしまいましょう。

直接は言えなくても、書面であれば気軽に出来るはずです。

テンプレートもネットに有りますので、調べてみてください。

大家の反応は4パターン

1. 何も返事してこない
2. 減額拒否の返事がくる
3. 一部、減額承認の返事がくる
4. 減額要求を承認する返事がくる

3、「 一部、減額承認の返事が来る 」がなかなか厄介です。

10万円の家賃を9万円にしてくださいと請求をだしたとして、大家側が「 9万円はムズかしいので9万5千円ではどうですか? 」と提案してきます。

周りの相場が9万円だと仮定して、ここで妥協すると5千円も高い家賃でまた契約することになるのでオススメできません。

なるべく、減額要求を飲んでもらうのがベストです。

家賃交渉:減額請求を拒否された時の裏技

yachinkousyou-No

拒否されても「 調停 」、「 更新拒否 」という裏技があるそうです。

調停

値下げ交渉を大家側に拒否された場合の強力な交渉手段になります。

「 家賃交渉で裁判するの! 」

っと驚かれるかもしれませんが、簡易裁判なのでドラマや映画のような大掛かりな裁判ではないです。

基本的に調停員は賃下げ交渉側の味方になる判例が多いので、相手が出頭さえしてくれれば自分に有利な展開に持ち込むことが期待できるそうです。

だいたいの個人大家さんは「 調停で決着つけましょう! 」という法的手段に出られるとプレッシャーで折れることが大半だそうです。

更新拒否

もし調停をしても、頑なに拒否された場合は「 更新契約書にサインしない 」という方法が使えるそうです。

「 更新書にサインしないと追い出されるのでは? 」

っと思う方もいると思いますが、大丈夫です。

合意がないまま、更新期限を迎えると前の契約内容で自動更新されることになっているそうです。
そうなった場合は、更新手続きをしていないので更新料を払う必要性がありません

また一度、自動更新するとそれ以降は期間の定めがない契約とみなされるので二度と更新料を払う必要性がなくなります

この仕組みは、「 借地借借家法第26条 」に定められています。

第二十六条 

建物の賃貸借について期間の定めがある場合において、当事者が期間の満了の一年前から六月前までの間に相手方に対して更新をしない旨の通知又は条件を変更しなければ更新をしない旨の通知をしなかったときは、従前の契約と同一の条件で契約を更新したものとみなす。ただし、その期間は、定めがないものとする。
 前項の通知をした場合であっても、建物の賃貸借の期間が満了した後建物の賃借人が使用を継続する場合において、建物の賃貸人が遅滞なく異議を述べなかったときも、同項と同様とする。
 建物の転貸借がされている場合においては、建物の転借人がする建物の使用の継続を建物の賃借人がする建物の使用の継続とみなして、建物の賃借人と賃貸人との間について前項の規定を適用する。
出典:e-Gov 法令検索

簡単に説明すると、以下の通知がなければ自動的に契約は更新されるということです。

1年か半年前に大家が相手方に更新しないことを通知する必要がある
条件を変更しないと更新しないことを通知する必要がある

何故こういった法律があるかというと、「 家賃上がるけど更新する? 」など借り手に不利な条件で契約あるいは、部屋を追い出されるケースが頻発する可能性があるからだそうです。

この「 更新拒否 」を使う場合は、全く折り合いが付かなかった時の最終手段ですね。

まとめ

今回は、家賃交渉の具体的な手順を紹介しました。

大事なポイントは以下の通りです。

・交渉は法で認められた権利

・家賃交渉前に交渉材料を調査

・実際に、口頭か書面で通知

交渉前にしっかり、相場を調査しておきましょう。
相場と同等もしくは安いのに値下げしてくれは交渉になりませんので、しっかりとした値下げの理屈を持っておきましょう。

家賃は生活費の中でも大きな割合を占めますので、そのため交渉はやる価値があります。

交渉に失敗したとしても、周辺で新しくできた安い物件があるのであれば、無理して住み続けなくても引っ越しも視野に入れても良いと思います。

今回、紹介した「 裏技 」意外にも面白い内容が書かれています。
大家側にとって、人気物件繁忙期以外の退去はかなり痛手だそうです。

こういった、大家側管理会社側の考え方も書かれていますので、興味がある方はオススメなので一度読んでみてください。

参考書籍
\楽天ポイント最大42倍セール!/
楽天市場
  • タイトル:家賃は今すぐ下げられる!家賃崩壊時代にトクする知恵
  • 出版社 :フォレスト出版
  • 著者  :日向咲嗣氏

 

以上、ハスキー社員でした。

この記事が、読まれた方々の人生の一助となれば幸いです。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

この記事が良かったらシェアしてください♪
  • URLをコピーしました!
記事の内容
閉じる